ハンドピュレナは、年齢サインの出てきてしまった手をケアしてくれるハンドクリームです。

配合された美容成分のおかげで徐々にふっくら実感できるそう。

そんなハンドピュレナの効果的な使い方はあるのでしょうか?

気になったので詳しく調べてみました。

ハンドピュレナの効果的な使い方

まずは基本的な使い方を動画で見てみましょう。

※音が出ますので注意してくださいね。

基本的な使い方

1.清潔で乾燥した状態で手の甲にパール大(直径1㎝ 高さ6㎜)を出す。

2. 左右の手の甲をすり合わせてクリームをのばし手の甲全体に広げる。

3. 塗り広げた手の甲を反対の手で優しくおさえながら温めて全体に馴染ませる。

基本的な使い方はわかりました。

毎日使うならより効果的な使い方は無いかと聞いてみることにしました。

より効果的な使い方とは?

より効果的な使い方は?

手の甲の皮膚は元々とっても薄いので血管やシワも目立ちやすいです。

年齢を重ねるとともに皮下脂肪も少なくなるので手の甲の皮膚が更に薄くなり、シワや血管が目立ちやすくなります。

また、手の甲は日焼けもしやすいのでシミもできやすくお手入れがとっても大切です。

そこで一番大切なことはしっかりと保湿をすることと血行を良くするために優しくマッサージすることです。

特にハンドピュレナの使い始めの1~2ヵ月は丁寧なケアが必要になってきます。

では、丁寧なケアでより効果的な使い方を説明します。

ハンドピュレナを使うタイミングは?

1日2回毎日使用します。

ハンドピュレナの美容成分をしっかり浸透させるために清潔で乾燥している手に使うことが大事なので

使うタイミング

1. 朝食後、片付けをして洗い物が終わった後

2. 夕食後など、水仕事が終わった後

ハンドピュレナを使った後、水仕事をするとハンドピュレナが取れて効果が下がってしまいます。

特に最初の1~2ヵ月は丁寧なケアをします。

なので必ず水仕事が終わったあと使うようにします。

ハンドピュレナをしっかり浸透させる

ハンドヒュレナをしっかりと浸透させるためには、通常のパール大より少し多めに使ってやさしく塗り込むようにマッサージしながら使用します。

この時、強くこすらない様にするのがポイントです。

丁寧なケア

1. 通常のパール大より少し多めに使う

2. やさしく塗り込む

3. 強くこすらない

手の甲の皮膚は薄くデリケートです。

毎日のケアで美容成分が浸透して徐々に良い変化をもたらしてくれます。

丁寧なケアを継続することがポイントになります。

ハンドピュレナの効率的な使い方まとめ

・水仕事が終わった後使用する

・最初の1~2ヵ月は丁寧なケアをする

・少し多めに使いマッサージしながらやさしく塗り込む

・強くこすらない

yui

ただ何も考えずに使うところでした><

しっかりと効果を感じるために効果的な使い方があることがわかりました。

丁寧なケアを継続することってとっても大事なんですね。

早速毎日のお手入れに活用していきます♪

ハンドピュレナの口コミとレビューを見てみる

ハンドピュレナの公式サイトはこちら